有料老人ホームの費用はここをみる

高齢になって老後をどう生きていくのかを考える時に老人ホームに入居することを検討する人は少なくありません。

環境や条件のより有料老人ホームもたくさんできましたが、そこで気になるのが有料老人ホームにかかる費用についてです。

 

有料老人ホームには大きく分けると、老人ホームに入居時に支払う一時金と入居後に毎月必要な利用料金とに分けられます。

最近では入居時の一時金がいらなかったり、かなり少ない金額である有料老人ホームも増えていますが、数千万円以上の一時金が必要な有料老人ホームも少なくありません。

 

一時金はいわば有料老人ホームを利用する権利金といってお金で、何年間かに渡って償却期間が儲けられています。

償却期間を待たずに退去するような場合には一時金の一部が返還されます。一時金については退去時にトラブルが多いので、入居前に資料などをしっかりと確認しておく必要はあります。施設によっては償却期間が来れば、更新として一時金が再び必要な場合もあります。

 

毎月の利用料金は家賃や食費、介護サービス料金など生活するのに必要な料金と言えますが、こちらも介護のレベルや生活レベルによって違いますが、数十万円レベルです。

介護がほとんど必要でないような高齢者の場合は安くなる傾向がありますし、高度な介護が必要な高齢者の場合には高額になる可能性もあります。

 

こちらもどのくらいの費用が必要であるのか施設の利用などをしっかりと確認しておく必要はもちろんあります。

有料老人ホームで快適な暮らしを

今や、高齢化社会で、たくさんの方が老人ホームを求めていますよね。自分の親には良い老人ホームに巡り合ってもらいたいものです。

有料老人ホームといっても、一体どのようなもので、値段的にはどんな感じなのか気になりますよね。

 

介護付き有料老人ホームの特徴は、受け入れる高齢者の要介護度の幅と、提供するサービスの幅が極めて広く、施設によって異なることです。そのため、介護付き有料老人ホームの選択は、施設側のサービス内容をしっかりと聞き、確認する必要があるのです。

 

有料老人ホームのメリットとして、24時間体制で介護サービスを受けることができる、重度の介護状態でも、住み続けることができる施設がある、医療ケアに対応する施設が多いなど、様々です。施設の数がすごくたくさんあるので、選ぶ側の選択肢の幅も広いのもメリットの1つです。

 

しかしその一方で、他の介護施設に比べて費用が高く、自立で入居できる施設が少ないなどのデメリットがあります。

続いて介護付き有料老人ホームの費用についてですが、多くの場合、初期費用と月極利用料が必要になります。施設の内容や、場所などによっても大きく変わってきます。

 

初期費用が0円のところもあれば、数千万円の所もあります。月極利用料も10万〜30万円とすごく幅がありますので、気になった施設に直接問い合わせて聞いてみると良いと思います。

いろんな施設を調べて、その方にあった老人ホームが見つかると良いですね。


関連記事