有料老人ホームの選び方と流れ

老後の過ごし方についていえば、有料老人ホームを選ぶことも有力な選択肢の一つです。

有料老人ホームでも実際には入居を希望している高齢者の状態によって選択肢が分かれています。自分や自分たちにあった有料老人ホームをどのように選べばいいのでしょうか。

 

まず、有料老人ホームを選ぶ第一歩は有料老人ホームに関する情報をなるべくたくさん集めることです。

情報の優先度は場所とその有料老人ホームの種類です。まずは都道府県の窓口などで老人ホームの一覧表が完備されていることが多いですから、そちらで基本的な情報を得ることです。

 

基本的な情報から、ある程度の有料老人ホームを絞り込んでから、インターネットを使える人は自分で調べるのもいいでしょうし、インターネットを使えない人は家族や知人などの頼むなどしてさらに詳細な情報を集めましょう。

 

有料老人ホームの正式なサイトがあればかなり詳細な情報を得ることができますし、必要であるならばサイトからのダウンロードを資料請求などでさらに詳細な情報を得ることができます。その際の注意しなければならないのはいくつかの有料老人ホームを比較検討することで、比較検討することによって長所や短所が分かってきます。

 

その後は、自分の目で見てみることです。資料やサイトの情報では分からないことも自分の目で確かめてみればさらに分かることがあります。出来れば体験入所などをしてみてもいいでしょう。ここでも一つの有料老人ホームに限らず、複数の施設を見てみて体験することによって比較をすることです。

こんな有料老人ホームを選びたい

有料老人ホームを選ぶ時のポイントとして、スタッフの質の高さに注目してみましょう。

 

老人ホームに入居することになった場合、長くその場所で生活を送っていくことになります。スタッフの質が良ければ、生活で不便さを感じたとしてもうまくフォローしてもらうことができ、生活していくうえでの不満を感じることはありません。この点の確認のためには、必ず見学を行って老人ホームの状態を確認しておきましょう。

 

スタッフや入居者がイキイキと過ごしていれば、その分環境もよいため入居したとしても満足できる状態で過ごしていくことができます。逆にあまり雰囲気がよくなかったり暗かったりするときには、ほかの老人ホームの見学を行うなどしたほうがよいでしょう。

 

老人ホームとして、細かい部分の確認を行っておくと、その場所の真実を見つけることができます。中でも室内の隅々まで目をやり、汚れていないか確認しておくとよいです。埃やゴミが落ちていない場合、掃除も徹底しておりスタッフの意識も高い傾向にあります。

 

また、有料の老人ホームでは、食事や入浴、買い物など介護や生活全般のサポートを受けることができますが、体の機能を維持するためにもサークル活動に力を入れているところに注目してみましょう。カラオケを歌ったり絵を描いたりすることができれば、脳や体の働きを活性することができるうえ、ほかの入居者とも親交を深められるため、寂しさを感じることなく悠々自適に生活できます。


関連記事