いつまでも二人でいたい!そのときに必要なのが…

少子化や高齢化が問題となっている現代社会において、一番大切なのが、「自分の老後」です。

もちろん自分が歳をとれば、親も歳をとるわけなのでまず親の事が先行されます。

しかしながら結局は自分がどうなるのかが気になるところです。

 

子供に迷惑はかけたくない、 夫婦だけでの生活は心配…というときに心の支えとなるのが「老人ホーム」です。

最近ではかなり豪華な老人ホームもあり、マンションとサービスを購入するという意味合いで財産をなげうって入居する方もいます。

 

そして有料老人ホームへ入居するにはまずお金がかかります。

そして夫婦で考えるなら×2の費用が必要になるのです。

さて老人ホームへ入居するにあたっては

・入居一時金

・敷金

・月々の家賃

・食費

・介護の費用

など様々な費用が発生します。大体入居一時金で一人400万円~700万円とも言われているので2倍だと800万円~1,400万円必要になるのです。

更に夫婦二人で同室に入居できる施設もありますが、その際に健康状態や介護度が同じくらいでなければ認められない事が多く、そうすると別室へ入居となる可能性もあります。

 

施設によっては夫婦で入居することで費用が安くなる場合もありますが、逆に一方が亡くなったりした場合に退去させられる可能性もあります。

そんなときにやはり必要なのが「お金」です。

通常に夫婦で入居を10年とかんがえても7,000万円くらいの費用が必用になるのです。

そのためなるべく早い段階で貯金や生活費を見直す事をオススメします。


関連記事